2014年07月27日

KFC

ケンタッキーって何でKFCなんかしってます??僕全く知らなかったです(笑)「ケンタッキー」にFもCもないし何でやろ。。。「ケ」ンタッキー「フ」ライド「チ」キンとか考えたら分かるな(笑)


まあそんな話はいいとしてあのおじさん人形の名前は知ってますか?

カーネルサンダースといいます。
んで何であんな怖いマスコットキャラなんか調べてみました。和、の検索シリーズ(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%B9#.E7.94.9F.E3.81.84.E7.AB.8B.E3.81.A1
”生い立ち

「カーネル・サンダース」ことハーランド・デーヴィッド・サンダース(以下、サンダース)は、1890年にインディアナ州クラーク郡のヘンリービル(英語版)で生まれた。ヘンリービルは、ケンタッキー州最大の都市ルイビルからオハイオ川を越え、北へ30kmほど離れた町である。父親はサンダースが6歳のときに亡くなり、母親が工場で働きながらサンダースとその弟妹を育てた。サンダースは10歳から農場に働きに出ている。学校は14歳で辞め、農場の手伝いや市電の車掌として働いた。

1906年、16歳の時に年齢を詐称して軍に入り、キューバで勤務した。彼の軍隊における経歴は一兵卒として終わっており、大佐(カーネル)どころか将校にすらなっていない。1907年に除隊した後は、青年期にかけて様々な職業を渡り歩き、鉄道の機関車修理工、ボイラー係、機関助手、保線区員、保険外交員、フェリーボート、タイヤのセールスなど40種に上る職を転々とした。30代後半にはケンタッキー州ニコラスビルでガソリンスタンドを経営するようになるが、大恐慌のあおりを受けて倒産するなど、多くの波瀾を経験した。

「サンダース・カフェ」とフライドチキン

1930年、サンダースはケンタッキー州のコービン(英語版)(正確にはコービンの北隣で、ノックス郡とローレル郡にまたがるノースコービン (North Corbin, Kentucky) )に移り住み、ガソリンスタンドの経営を始めた。1930年6月、ガソリンスタンドの一角に物置を改造した6席のレストラン・コーナー「サンダース・カフェ」を始める。サンダースはガソリンスタンドの支配人と調理師とレジ係を兼ねた。州の南北を貫く幹線道路である国道25号線(英語版)に面した店は繁盛し、規模を拡大した。1935年には「州の料理への貢献」が評価されて、ケンタッキー州のルビー・ラフーン知事から「ケンタッキー・カーネル」の名誉称号を与えられた。

「サンダース・カフェ」は、1937年にはモーテルを併設した142席のレストランに成長した。1939年には店舗が火災に見舞われるなどの災難もあったが、1941年にはコービンに147人収容のレストランを再建した。現在この店舗は博物館 (Harland Sanders Caf? and Museum) となり、アメリカ合衆国国家歴史登録財となっている。

「サンダース・カフェ」の目玉商品がフライドチキンであった。1939年に導入された圧力釜を用いた「オリジナル・フライドチキン」の製法は、以後70年以上にわたって「オリジナル・レシピ」として引き継がれている。”


という破天荒な人生!色々経験したからこそ成功したんやろなあ。。。


あとおまけで。。。



”カーネル・サンダース
Harland "Colonel" Sanders

生誕
Harland David Sanders
1890年9月9日
インディアナ州ヘンリービル

死没
1980年12月16日

死因
肺炎

墓地
ケイブ・ヒル墓地

国籍
アメリカ合衆国

別名
カーネルおじさん、ケンタッキーおじさん

職業
ケンタッキーフライドチキン経営者(創業者)

後任者
ジョン・ブラウン2世”

めっちゃ詳しく書かれすぎ(笑)

検索っておもしろいね!


 ■和、(かず)■
 ブログ  http://davidekazu.seesaa.net/
 ホームページ  http://kazukizuka1.wix.com/kazuki
 ミクシィ  http://mixi.jp/show_profile.pl?id=18712708&level=4
 ツイッター  https://twitter.com/kazudavide
 フェイスブック  https://www.facebook.com/profile.php?id=100004801006128&sk=photos
posted by 和、 at 00:20| 兵庫 ☀| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: